毛穴の黒ずみに良い石鹸

毛穴の黒ずみに良い石鹸

毛穴の黒ずみ(いちご鼻)対策としての基礎は洗顔ですね。
はい。慣れるまでは意識してゆっくり泡で円を描くようにしなければいけません。
いや、自主的にしましょう。
しなければならないという考え方は、やっぱりストレスがかかりますので、できる限り自分はこうしたいからやっている!という気持ちが大切らしいですよ。
さて、そんな洗顔の中でも、実は難しいのが石鹸選び。
洗顔料もありますが、男性用だとスクラブが入っていたり、メントールでス〜ス〜して若干痛みを覚えたりなんてこともありますよね。
そこで、僕が目をつけたのは石鹸。
ちょっとおしゃれな男っぽくなれますからね。

 

 

毛穴の黒ずみいい石鹸

石鹸といえば、香りがいいものとか、見た目がいいものとかに拘っている人が多いように感じますが、実はそれではいけません。
石鹸にはある程度の洗浄力と肌への負担が少ないものを求めることにしましょう。
実は、僕、一度だけ石鹸を作ったことがあります。
しかも、その時に使用したのは天然の成分が多く、石鹸を作るために数万円もかけてしまいました。
まあ、これ、興味本位で作ったのですけどね。
その時に感じたのが、石鹸って実は安くない!ということでした。
通常の石鹸成分の他に、香りや色を加える。
さらに、洗浄成分も入れたければ加えることも可能です。
しかし。これらがまた高い!
人工の香料ではなく、天然オイルを使用するのでそこは仕方がないのですけどね。
また、手作りの石鹸には保存料が入っていないので、そんなに長持ちはしないのです。
飾っとく分にはいいのですが、、、。
というわけでして、黒ずみにいい石鹸も、決して安く済ませようと思ってはなりませぬ。
また、保湿成分配合というのも別にいらない気がします。
保湿は洗ってからすればいいので、石鹸に求めなくてもいいでしょう。

 

注意すべきが、角質ケアを謳っている石鹸。
これは危険かもしれません。
角質ケアを行えばある程度毛穴の汚れは綺麗になったと実感できることもあるかもしれません。
しかし、角質を?す類であるスクラブなどは肌を削ってしまうので、結果肌へのダメージが強いのです。

 

 

石鹸選びって実は非常に難しいと思うのです。

悩み抜いたのに、最後はどうでもよくなってそのへんに売っている石鹸を使用、、、なんてことにならないように、ある程度ポイントを絞って探しましょう。
できるだけ肌への負担が少なく、添加物があまり入っていないもの。
これが一番良い石鹸です。
香りがないと嫌だ?それはわがままです。
香りが入っている=何かしらの不純物が入っていて、場合によってはそれが原因で肌トラブルが起こる場合もあるということを覚えておいてください。
いい石鹸で正しい洗顔を。
これが毛穴ケアの基本です。