美魔之助ゲンゴロウの男性のための毛穴の黒ずみ対策ラボ

男の毛穴の黒ずみはみっともない?

男性諸君、毎日仕事に趣味に恋?に頑張っていることと思います。
さてさて、私も同様に毎日せっせと仕事をこなし、家に帰ってはテレビを観ながらおいしい酒を飲み、休日には友人と釣りをしたり、山に出かけたり、温泉でゆっくり疲れをとったりと自分としてはかなり満足な生活を送っているのです。
ですが、僕には悩みがあるのです。
それは、毛穴の黒ずみが気になること・・・。
まあ、その位なら悩みでもなんでもね〜よと友人に言われるのですが、いやいや、僕にとっては一大事ですから!
この黒ずみのおかげで以前嫌な思いもしてますから!!
だからなんとかしたいわけなのですよ〜。

 

 

黒ずみがみっともない!と言われた過去

もともと僕はあまり外見に拘らない性格なので、こぎれいにしていれば問題ないかな〜なんて思っていました。
当時付き合っていた彼女とデートしていたある日、彼女が突然「ねえ、ゲンゴロウは鏡あまり見ないの?」と質問をしてきたのです。
若干の疑問を抱きながらも、「なんで?見るよ?」と答えたところ、しばしの沈黙・・・。
彼女は再度口を開くと「ゲンゴロウの毛穴、かなりヤバイよ。正直みっともない。」とボソッと呟いたのです。
一瞬なんて言われたのかわからなかったのですが、頭の中で再生し続け、理解した僕は返す言葉がありませんでした。
それ以来、彼女とは気まずくなり、自然と会わなくなって終わりました。
さよなら僕の恋・・・。なんて感傷に浸るわけでもなく、忙しく毎日は過ぎていくわけなのですが、それ以来恋とは疎遠になってしまいました。

 

その後、恋はもうずっとできないのではないかと思っていましたが、実は今、気になる女性ができたのです!
そこで、なんとかお近づきになりたいのですが、以前彼女に言われた毛穴の黒ずみが気になって声さえかけられずにいます。
このままではいけないと思いまして、やっとこの毛穴の黒ずみを解消しようと決心したのです。

 

まあ、そういうわけで下心ありありな僕の「毛穴の黒ずみ解消対策」を笑いながらも読んでいただき、参考にしていただけると嬉しいですね。
毛穴の黒ずみって、思春期に多いイメージですが、実際には社会人になっても黒ずみが目立つ人っているのですよね。
それが、意外と多い。
で、そういう人に限って自分の毛穴のケアなんて行わないのです。
そう、僕のようにですね。
だから、僕はそういった人たちにも「これ使ってみなよ〜!」なんて言ってみたいという思いもあるのです。

毛穴の黒ずみ対策方法

学生や20代前半位までの男性なら、もしかするとスキンケアというやつは結構浸透しているのかもしれません。
僕の周りにいる学生は、小学生の頃から洗顔料で顔を洗い、化粧水にクリームだか乳液だかを使用していたと言っていました。
彼は、今でも何の疑問も持たずに洗顔料で顔を洗い、その後のケアもきちんと行っているようです。
僕も毛穴の黒ずみが気になりだしたので、どうにか解決したいと思いまして解決策を探しているところですが、発見した中でも特に有効そうなものをお伝えしてみようと思います。

 

 

泡で優しく洗顔する

これが一番手間がかからず簡単なのかなという点と、何で調べても必ず出てくるので、まあ確実性が高いのだろうという点で。
洗顔は、入浴の際に石鹸でゴシゴシ洗ったり、朝起きてから水でバシャバシャと洗う位しかしたことがなかったのですが、どうやらこれはいけないらしい。
顔を洗うときは、洗顔料(石鹸でもダメではないと思う)を泡立てて、顔を包み込むように優しく優しく洗う。
そして、すすぎはぬるま湯で20回以上。
これもゴシゴシ擦らず、バシャバシャとかけて泡を落とすようにするのがポイントらしいです。
泡立てるのが苦手な人は、100均で売っている泡立てネットを使用するのがおすすめということ。
なるほど。慣れるまでは若干戸惑いそうですが、これなら僕にもできそうです。

 

 

化粧水で引き締めてから乳液で蓋を

洗顔だけでは絶対にダメ!これも共通でしたね。
洗顔後は肌が乾燥するらしいので、必ず化粧水で水分を与えてから、乳液で水分が蒸発しないように蓋をした方がよいということでした。
乳液は若干べたつくらしいので、これは慣れるまでは気持ち悪そうな予感がするところです。

 

 

ビタミンC、野菜をしっかりとる

黒ずみは、どうやら汚れだけが問題ではないらしい。
食生活の乱れも肌にとってトラブルを起こす原因となるので、野菜や果物などをしっかりと食べて、ビタミンCを摂取するといいのだとか。
ビタミンCは毛穴を引き締めるので、黒ずみ予防になるのです。

 

 

睡眠不足に要注意

聞いたことはあったような・・・肌のターンオーバー。
22時頃に寝るのがベストですが、そうもいかない人は、遅くても23時〜23時半には寝ること。
肌がきちんと生まれ変わらないとどんどん汚くなります。

 

 

蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔をする

これは、余力がある時に行えばいいと思うのですが、濡らしたタオルをレンジで30秒から1分チンして顔全体にしばらくのせておくことで毛穴が開くので、その後洗顔を行う。
そうすると、毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなるのだとか。
休みの日とか、早く帰れて余裕がある時に行いたいと思います。

 

 

こうやって見てみると、どれもそんなに難しいことではないですね。
僕はてっきり何か道具を使って毛穴を広げ、汚れをかき出すとかそんなイメージをしていたので、これならすぐに実践できそうで安心しました。

毛穴クレンジングをした方がいい!

毛穴の汚れを落とすといえば、一番に思い浮かぶのはやっぱり洗顔でしょう!
女性は毎晩きちんと洗顔をするイメージがあるのですが、男性は風呂のついでにちゃちゃっと洗ったり、汚れが気になればその都度ゴシゴシ洗ったりしているものです。
しか〜し、そんなんで男の毛穴の汚れが落ちていたら誰でもゴシゴシ、ちゃちゃっと洗っていて綺麗になっていますよ!
ということは、まあそんな洗い方ではだめなわけです。
では、いったいどうしたら、何を使ってどうやって洗うのがいいのか。
そこは、この私めが気になる情報をゲットしましたので、皆さまにもきちんと情報共有してまいります。

 

 

毛穴クレンジング

クレンジング=女性が行うものというイメージがどうしても強いのですが、決してそんな決まりがあるわけではございません。
まあ、基本的には女性が化粧を落とすためにクレンジングを行って、それから洗顔をするということが多いのですが。
しかし、クレンジングにはメイクを落とすだけではなくて、肌表面に付着した汚れや、古い角質も除去するという目的で使用できることをお忘れなく。
わかってくれますか?
そう、だから男性でもクレンジングは役に立つというわけなのです。

 

 

クレンジングってどんな感じ?

まあ、男であまりクレンジングを行っている人って見かけないので、実際にはイメージがつきにくいというのが多くの男性の意見でしょう。
僕も母親のメイク落としクレンジングオイルなるものを見たことしかありません。
しかし、実際にはどんな肌質にも向いている乳液状のクレンジングミルクや、油分の多いクレンジングクリーム、そして、クレンジングオイルなどの種類があります。
また、クレンジングローションというふき取り化粧水もあり、これはクレンジングミルクやクリームで汚れを落とした後、肌に残った汚れをふき取るものです。
他にも、クレンジングシート、クレンジングリキッドなどがありますが、これはどちらかというとメイク落とし用と考えた方がよさそうです。

 

 

クレンジングといっても、肌に何かしらをつけて汚れを浮かせ、そして洗い流すのですが、この時にやってはいけないのがゴシゴシ擦ること!
これは逆効果になることもあるので、十分に注意しましょう。
いくらクレンジングとはいっても、一度使用したからといって突然毛穴の黒ずみがなくなることはありません。
最低3ヶ月くらいはきちんと続けるぞ!という気持ちが大切になります。
もちろん、実際に行わなければ意味がありません。
根気強く、丁寧に顔を洗って、1日でも早くきれいな毛穴を目指していきましょう!
こちらのサイトの記事を参考にしました。

毛穴の黒ずみにはやっぱりパックでしょう

毛穴の汚れって男としてはゴシゴシ洗えば落ちるかな〜なんて軽く考えているものです。
だからか、多少汚れていても、あまり気にしないし、気にならないという人が大多数でしょうね。
僕も毛穴の汚れなんて気にしたことはなかったし、自分が特別黒ずみが目立つとか考えたこともなかったので。
でも、まあ女性は見ているのですよね。
女性の皆さんは自分のこともよく気にしている。
こっちが全く気にならないことでも、とても気になるらしく、「変じゃない?」とか、「臭くないか」とかやたらに気にしている。
確かに、女性で臭かったらさすがに僕も困りますけどね。
しかし、だからと言って男性が臭くてもいいわけではないですし、汚れていたり、変なところがあっていいと思っているわけでもありません。
簡単に言えば、男性は自分のことに無頓着な人が多いのだと思うのです。

 

 

男性用の鼻パック

男性は自分のことに無頓着とはいえ、たとえば男用の洗顔料やらヘアスプレーやら、化粧水やら・・・そういったものは気にはなるのです。
若い人はなんのためらいもなく購入して使用できるかもしれませんが、僕は若いとは言えない年齢ですので、まずは買うのも少し気恥ずかしいものがあります。
一回買えば別に気にならなくなるのですが、最初はどれにしようか散々悩む。
その姿を店員や若い女の子に見られているのがまた恥ずかしいのです。
ちなみに、男性用の鼻パックも売っていますね。
僕も使用してみたいとは思っているのですが、これ、ちゃんと毛穴の汚れが取れるのか、痛くないのかと若干の心配があります。
そこで、買う前にちょっと探ってみると、やっぱり肌への負担が半端ないという恐ろしい結果が!!!
男性なので、そんなに負担は気にしないと言いたいところですが、結局パックで汚れを取るとともに毛穴が広がってしまい、汚れが溜まりやすくなるということがわかりました。

 

 

鼻パックを使う頻度

鼻パックは、もうやみつきになる人は週に何度も使用するということらしいのですが、それがいけない。
汚れが取れたり、気持ちがいいといった理由があるかもしれないが、やはりそこは頻度を落として、月に1回位が望ましいのだとか。
我慢できなくても、2週間に1回程度にとどめたいところです。
?すときは、ゆっくり?すことが大切。
男だとベリッとやりたくなるのですが、そうれだと角栓が取れない上に薄皮が?がれてしまうので危険なのだとか。

 

 

 

毛穴パックは、優しく顔を洗ってから使用し、?すときはゆっくり丁寧に、そして終えたら保湿をしっかり行う。
といったステップが必要になるので、意外と面倒臭いことが判明。
その上肌を傷つけてしまい、逆に汚れを溜めやすくなるというリスクがあるので、何とも考えものだな〜と懸念しています.